着物で京都を観光しようと考えている方の中には、着物で長時間過ごすことや所作に不安な方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
そのような方に向けて今回は、着物で観光をする際の注意点をご紹介します。

□荷物をなるべく少なくする

着物を着て観光する際は、荷物はお好きな小さな着物用ハンドバッグや巾着に入れ、お持ちいただきます。
着物用のハンドバックは非常に小さいため、あまり多くの荷物を持つことができません。
財布やハンカチ、ポケットティッシュなどの最低限のものを持っておくようにしましょう。
また、着物を着る際には草履や下駄を履きます。
履きなれていない方の中には、歩いているうちに靴擦れになってしまう方もいらっしゃいます。
その際に、ばんそうこうを持っておくと便利です。
京都着物レンタル「京なでしこ」ではお客様のお荷物を無料でお預かりいたします。
荷物が多くなってしまいがちな方にぜひご利用いただきたいサービスです。
またヘアセットと小物もオプションで選んでいただけますので、着物に合わせたハンドバッグでさらにワンランク上のコーディネートをお楽しみください。

□着物を着るときに気を付けること

普段着物を着なれていないと、後から足袋を履くのは意外に大変なことです。
着くずれを防止するためにも、着物を着る前に必ず足袋を履くように心がけましょう。
また、着物を着る際には食事に備えて、あまりおなかの周りを締めすぎないようにしましょう。
また、着物を着るにあたり、下着は色が薄く、肩の部分がひもではないものがおすすめです。
着物は、長襦袢や肌襦袢から丁寧に着なければ、着くずれの原因になります。
そのため、襦袢や腰ひもひとつひとつが、着物の上から見えてしまわないようにしましょう。
襟は詰まりすぎているより、少しゆったりとするくらいがきれいです。
こぶしひとつ分くらいをあけて着るように心がけましょう。
裾は、ご自分で思うより少し長めに着るとちょうどいい具合に着られます。
着物は、直線的な美しさが特徴です。
着物を着る際には、裾線や襟元を意識するようにしましょう。

□まとめ

今回は着物で観光をする際の注意点や、着物を着る際に気を付けるべきことをご紹介いたしました。
着物を着ることが慣れていない方は、観光する際に不安が多いと思います。
京なでしこでは、ご予約から着付け、返却まで丁寧にサポートいたします。

京都を観光する際には、ぜひレンタル着物で着物も一緒にお楽しみください。

せっかくの京都観光、着物を着て町中を巡りませんか?
着物を着ることで雰囲気も増し、インスタ映えもバッチリですよ!
今回は着物で周るべき、古都・京都のおすすめ写真スポットをご紹介します。

□圓光寺

座禅体験ができるお寺として有名ですが、着物写真が映える写真スポットもたくさんあります。
1つはほほえみ地蔵です。
ちょこんと座っている小さいお地蔵さんがほほえんでいるのを見ると、とても癒されます。
そんなほほえみ地蔵の写真を撮れば、インスタ映え間違いなしでしょう。
もう1つは境内にある十牛之庭です。
ここは春は新緑、秋は紅葉がとても美しいことで有名です。
静寂の雰囲気の新緑と着物が合わされば、着物がとても美しく映ります。

□祇園白川

ドラマの舞台としてしばしば使われているこの場所は、芸者さんや舞妓さんがよく通りかかります。
京都の雰囲気を味わうなら、このスポットが1番でしょう。
これから春になると、桜がきれいに咲きほこります。
さらに、古き良き街並みや石畳、灯籠(とうろう)、せせらぎの小川から和の雰囲気を感じられます。
着物とマッチすることは間違いありません。
夜になるとライトアップされて、さらにきれいな街並みを映し出せます。

□八坂庚申堂

カラフルなお守りが大量にぶら下がっていることで有名なお寺です。
お守りは「くくり猿」と言い、手足を括られた猿の姿を模しています。
「くくり猿」は欲望のまま動くことを防ぎ、願いを叶えると言われています。
病気や厄除けはもちろん、学業や商売繁盛、そして縁結びにも効果があるそうです。
京都のフォトジェニックスポットを代表する今注目の写真スポットですし、着物を着たインスタ女子に大人気ですよ!

□南禅寺

ここには京都の絶景を一望できる三門やレンガ造りの水路閣、禅の世界を表わした庭園など、写真スポットがたくさんあります。
700年以上の歴史を持ち、とても格式高いお寺としても有名です。
三門の楼上に上がれば、周辺の自然と美しい写真を撮影できます。
水路閣は赤レンガで造られたアーチ橋で、レトロな雰囲気を感じさせます。
庭園はこれから春を迎えると、桜がとてもきれいです。

□プロのカメラマンに頼むのもアリ!

美しい着物姿と思い出を、プロのカメラマンに撮ってもらいませんか?
当店ではプロのカメラマンによる撮影フォトプランを1,000〜8,000円(税別)で用意しております。
着物のレンタルと合わせてお気軽にご予約くださいね。

□まとめ

京都は言わずと知れたフォトジェニックスポットの宝庫です。
知らないなんてもったいない京都の魅力、たくさん写真に収めてくださいね。

京都で観光する際は、着物レンタルしたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
初めてご利用される方の中には、何を持っていけばいいのか、どういった流れで観光できるのか、と不安になる方がいらっしゃると思います。

そこで今回は、祇園で着物レンタルをして京都観光をする際の流れをご説明いたします。

□ご予約・ご来店

まずは、web、電話からご来店日時とご注文の内容をご予約ください。
パソコン、スマホのどちらからでもご予約いただけます。
京なでしこでは、webからのご予約いただくと、web予約価格で通常価格よりお安くなりますので、ぜひご利用ください。
また、早朝のご予約もお電話でご相談していただけます。
ご予約いただいた日時に京なでしこにご来店ください。
京なでしこは京阪祇園四条駅から徒歩1分です。
祇園四条駅付近は非常にアクセスが良く、阪急河原町駅もすぐ近くにあるので京都市内の観光をお考えの方には非常に便利です。
また、着付けに必要なものはすべてプランに含まれていますので、手ぶらでお越しいただけます。
貴重品以外の手荷物やキャリーバックなどのお預かりも可能です。

□着物選び・着付け

京なでしこでは人気のブランド着物をはじめ、常にさまざまな色や柄の着物を豊富に取り揃えています。
お客様のお好みの着物を一着と帯をお選びいただき、着付けを行います。
京なでしこではプロの着付け師が、崩れにくくまた苦しくないよう着付けをさせていただきます。

□ヘアセット・小物選び

着付けを終えたら、ヘアセットと小物を選んでコーディネートをワンランクアップさせましょう。
着物にあわせたヘアスタイルで京都の観光を楽しんでいただけます。
ヘアセットと小物はオプションで、別料金となっております。

□返却

街歩きを楽しんだあとは午後19時までに京なでしこに着物を返却していただき、お預かりしたお荷物をご返却いたします。
オプションでヘアセットを選択された方は、500円でお洋服用のヘアアレンジを再度させていただくことができます。
京なでしこの営業時間は19:30までですので、それ以降にお戻りの際は翌日返却扱いとなりますのでご注意ください。

□まとめ

今回は、祇園で着物レンタルをして京都観光をする際の流れをご説明いたしました。
京なでしこでは、ご予約から着付け、返却まで丁寧にサポートさせていただきます。
京都を観光するときには、着物を着るとより雰囲気を味わえると思います。
京都を着物で観光する際には、ぜひ京なでしこのレンタル着物でお楽しみください。

 

本日は京なでしこ1周年記念としてできたプラン

京なでしこpremiumプランについてご紹介させて頂きます!!

 

premiumプランとは京都の街の有名店様に

京なでしこのお客様のために

特別に作っていただいたコラボメニュー✨✨

 

本日はコラボしていただいたメニューを

ご紹介させていただきます☺︎

 

・嵐山公園内にて30年となるお店,

五木茶屋さんお団子御膳

季節のお団子四種と抹茶ラテ、有機煎茶等から

ドリンクが選べます🥤

写真映えするお団子=五木茶屋ですよね😆💓💓


・河原町にあるクレープ専門店

さんじやさん 桜・抹茶クレープ

ホイップクリームをソフトクリームに変更できます🍦

80種類を超えるラインナップ

迷ったら桜・抹茶クレープですね💓


・創業百五十年余年にしんそば発祥の店

にしんそば松葉さん 鴨天そば

他にも美味しいメニューがたくさんあります✨

鰊はもちろんご飯ものも🍚


・河原町にあるお寿司屋さん

福玉寿司さん 寿

普段メディア一切お断りのお店です!

京なでしこからの予約で毎日限定5食😳✨


・京都の繁華街木屋町にある

ワインバーちはやさん 京風オリジナルカクテル

 

 

 

 

 

 

 

呑んでいると味が変わる😳😳

カップルで行くとお得なことがあるかも…☺︎


・祇園にある牛タンしゃぶしゃぶのお店しんじょうさん

トマト煮込みアツアツチーズがけ牛タンシチュー

とろけるチーズと牛タンシチューの相性抜群!!

大将の笑顔に癒されてください☺︎☺︎


私も撮影の為にご協力いただいた際に

食べさせていただいたのですが

とっても美味しいものばかり😳💓💓

 

※特別メニューには京なでしこに来店した

証明カードが必要です

いつでもお渡し出来ますので

お気軽にお声掛けください!

※別途特別料金などは一切発生致しませんので

安心してご利用ください☺︎

着物を着るときに、不安になるのはトイレを使うときだと思います。
「裾や袖をどうしたらいいかわからない…」

今回は、女性と男性別に着物を着てトイレを使用する際の注意点やコツについて紹介したいと思います。

□女性

着物を着る際には、着くずれを防止するためにも、股上の浅めの下着を履くようにしましょう。
また、トイレに入る際には、できるだけ清潔な洋式を選ぶのも重要なポイントです。
袖は、真ん中あたりを、帯と着物の間にはさみ込むようにしましょう。
クリップを持っていると、挟んだ袖をしっかりと止められるので便利です。
次に、裾を長着の上前から下前、襦袢の上前から下前、裾除けの順に帯の上あたりまでしっかりとめくりあげ、体の前に持ちましょう。
この時に、上前と下前を一緒にはさんでおくと落ちにくくなります。
用を足したら、裾を上げた時と逆の順番におろしていきます。
この時、丁寧に順番によれないように重ねなおし、着物の裾が垂れ下がっている場合はおはしょりの下に手を入れ、襟先をもって裾をちょうどいい長さまで引き上げます。
すべておろし終えたら、裾の重なりやおはしょりを整え、襟がきちんとしているかを確認しましょう。

□男性

男性の場合は、洋式でも和式でもほとんど同じです。
帯をウエスト部分まで引き上げ、着物の裾と、襦袢の裾をそれぞれ左右片手ずつで持ち上げます。
襦袢で着物を包むようにし、両脇にはさみ、下着をおろして用を足します。
この時、羽織は脱いでかける場所があればかけておきましょう。
用を足したら、下着類を上げて、襟合わせが崩れていないかを見ながら襦袢と裾を重ねなおしましょう。
帯の位置を元の低い位置に戻します。

□まとめ

今回は、女性と男性別に着物を着てトイレを使用する際の注意点やコツについてご紹介しましたが、男性、女性ともに、最後に手を洗うときに気を抜いてしまって汚してしまったり、袖がシンクについて濡れてしまったりすることがあります。
そのため、手を洗う際にも気を抜かずに、袖がシンクに触れないよう心がけましょう。
また、トイレを選ぶ際には念のために、できるだけ清潔な広めのトイレを選ぶようにしましょう。
また、着付け後にトイレに行く回数を少なくするためにも、着付けの前に必ずトイレに行っておくようにしましょう。
注意深く意識をしておくと、着物を着ている場合でも楽にトイレを利用できるので、ぜひ今回ご紹介したコツをご活用ください。

京都で観光をする際は、ぜひレンタル着物で楽しい思い出を作りましょう。

京都が好きで、何度も着物を着て観光したいという方の中には、「何度もレンタルをするより、購入したほうがお得ではないか」と悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、観光する際に着る着物を購入すること、レンタルすることのメリットをそれぞれご紹介したいと思います。

□着物の購入

着物を購入するメリットとして挙げられるのは、「新品が着られる」「他の人と違う柄の着物が着られる」「兄弟や子どもにも着せてあげられる」という点です。
また、柄やサイズなど、自分の体形に合ったものが着られるというのが、購入の最大のメリットです。
着物の相場は、1万円から30万円以上までありますが、多少値が張っても、オリジナルで作ればあなただけの着物を着ることができます。
また、着物を着る機会は、一度とは限りませんし、家族や親せきに兄弟が多くいたり、将来子どもが大きくなった際に着物を使う機会があれば、レンタルよりもお得になる可能性があります。

□着物のレンタル

観光の際の、着物レンタル料の相場は1万円~2万円程度です。
当然ですが、レンタルする場合と購入する場合は価格が大きく異なり、レンタルするほうが断然安いです。
価格が安い点は、レンタルするときの最大の利点です。
また、レンタルの場合、その日の気分に合わせ、色や柄を選ぶことができるので、毎回違う柄の着物を楽しむことができます。
着物だけでなく、帯やカバンの組み合わせも自由にできます。
着物を購入すると、シミや汚れを防ぐため、クリーニングなどの手間が必要ですが、レンタルでは、着た後に返すだけでいいので、気軽に楽しんでいただけます。

□まとめ

今回は、観光する際に着る着物を購入すること、レンタルすることのメリットをそれぞれご紹介いたしました。
観光の際に着物をレンタルしていただくと、着物を購入して自宅から着ていく手間がなく、楽な格好でお店に来られても、すぐに着物での観光が可能です。
高くて、購入が難しい着物でも、レンタルであれば着ることができます。
また、観光の際には、気づかないうちに汚れが付着してしまうこともあります。
購入した着物だと、クリーニングでアフターケアをする際にも、さらに負担がかかってしまいますが、レンタルの場合はその心配がありません。
1日着ていただいた着物を、観光が終わって帰宅する際にお店にもう一度寄って、その場で返却していただきます。

京都を観光する際は、気軽に着物をレンタルして思い出に残しましょう。

 

京都東山花灯路は京都の新たな風物詩となることを目指して

平成15年から「灯り」をテーマに始められたイベントです✨

 

 

 

京都を代表する寺社、街並みや散策路を

LED電球を使用し、あたたかみのある路地行灯で照らし

京都でしか味わうことができない

独特の雰囲気が醸し出されています‼️

この幻想的な昼間とはまた違った約5kmの散策路を是非

お着物でお楽しみください☺️

 

同時に夜の特別拝観をやっておられる

お寺、仏閣がございます✨✨✨

 

青蓮院

 

歴史を感じさせる楠、幻想的な幾種もの庭園

諸堂は、ライトアップによりさらに神秘的な世界に‼️

 

高台寺

 

 

北政所が開創した寺で名勝庭園、方文前庭「波心庭」

臥龍池の「水鏡」、竹林がライトアップされ、

女性の寺らしい幽玄さが醸しだされます✨

 

竹灯り(円山公園)

 

 

円山公園内を流れる吉水の小川に

約500本の青竹の灯籠が並べられ

幻想的な情景を創り出しています✨✨

 

※それぞれ拝観には入場料が必要です

 

 

京なでしこは3月中21時まで営業しております!

花灯路やライトアップに着物を着ていこうと

考えておられる方是非京なでしこへ😊😊

着物を着て京都観光をしようと考えている男性の中には、「着物を着る機会が普段あまりないから、スマートに歩けるか心配…」と不安な方が多いと思います。

そこで今回は、男性が着物を着る際に気を付けたほうがいいポイントと、歩く際のコツについてご紹介いたします。

□歩き方

着物を着ると、とても歩きづらく感じる方がいらっしゃいますが、これは歩き方を工夫することで簡単に歩けるようになります。

男性は女性に比べ、歩幅が大きいと思いますが、和服を着る際には歩幅を狭く、水平に歩くように心がけましょう。
また、上半身や腕をあまり動かさないようにすると着崩れしにくいです。
着物を着る際には、草履や下駄を履くため、鼻緒を足の親指と人差し指で握る必要があり、地面を指先で支えるように歩くことを意識しましょう。
着物を着た際に、ひざを少し左右に曲げて、襦袢と着物にゆとりをもたせると歩きやすくなります。
歩く際の姿勢は、腰から上をまっすぐにするとスマートに見せることができます。
階段を上り下りする際は、裾を踏まないように注意しましょう。
裾が長いようであれば、右手で着物を少しつまみ上げ、階段を上がるようにします。
上るときは足裏を三分の二ほど、降りるときは足裏全体を階段に接するようにすると安全です。

□トイレを使用する際の注意点

男性がトイレを使用する際は、帯をウエスト部分まで引き上げ、着物の裾と、襦袢の裾をそれぞれ左右片手ずつで持ち上げます。
襦袢で着物を包むようにし、両脇にはさみ、下着をおろして用を足します。
この時、羽織は脱いでかける場所があればかけておきましょう。
用を足したら、下着類を上げて、襟合わせが崩れていないか確認しながら襦袢と裾を重ねなおしましょう。
帯の位置を元の低い位置に戻します。
また、手を洗う際にシンクに袖がふれて汚れてしまわないように心がけましょう。

□食事の際の注意点

着物を着て食事をとる際には、袂に注意しましょう。
コップを取ったり、料理を取ったりする際に手を伸ばすときは、片方の手で取る動作をするほうの手の袖口をおさえておきます。
テーブルとの距離は、こぶしひとつ分ほどあけると良いでしょう。

□まとめ

今回は、男性が着物を着る際に気を付けたほうがいいポイントと、歩く際のコツについてご紹介しました。
どうしても、男性は女性と比べて着物を着る機会が少ないため、実際に着るときに所作について不安ですし、慣れませんよね。
今回のブログ記事で、事前に少しでも着物を着た時のマナーやコツについて学び、京都での着物観光が楽しい思い出になりましたら幸いです。

京都では、きもの姿の観光客を増やして、京都のきもの文化を盛り上げることを目的とした「京都きものパスポート」が発行されているのをご存知ですか?

神社や寺院、美術館やさまざまな店舗や行政、商工会議所、和装関係の団体が一体となり、運営しています。
きものを着て、特典に協力している施設や店舗を利用する際に京都きものパスポートの冊子、チラシ付属の携帯用カード、アプリの画面、もしくはホームページをプリントアウトしたもののいずれかを一点呈示された方に特典が贈られます。

今回は、そんな「京都きものパスポート」の特典の例や、利用可能な店舗を複数ご紹介いたします。

□飲食店の特典の例

実際に利用可能な店舗と特典の例としては、
・老松 嵐山店 1,000円以上ご利用のお客様にお菓子を1つプレゼント
・コメダ珈琲店 河原町三条店 対象メニューが通常価格より100円引き
・omo café ごはんプレートをご注文の方のみ自家製アイスクリームをサービス
・京料理 加茂川 ご飲食代10%off
・ウェスティン都ホテル京都 ご飲食代10%off
など、その他多くの京料理などの店舗でご飲食代の割引などの、お得なサービスを取り扱っています。

□観光地の特典の例

・金閣寺(鹿苑寺)拝観料400円→300円
・北野天満宮 北野天満宮特製しおり3枚を進呈
・平安神宮 神苑 拝観料を50円引
・三千院門跡 オリジナルあぶら取り紙
・南禅寺 方丈庭園拝観料 500円→400円
・八坂神社 常磐新殿 喫茶室 飲食代金10%割引
など多数有名な観光地でお得なサービスが受けられます。

□体験施設の特典の例

・煎茶体験 京茶楽 煎茶体験料 500円引き
・京友禅 体験工房 丸益西村屋 友禅染体験、風呂敷包み方教室、お箸作り体験、体験料金10%off

□その他のサービス

*着くずれレスキュー

着くずれレスキューとは、歩いているうちに着くずれたきものを無料で手直ししてもらえるサービスのことです。
帯をほどいてやり直すなど、一からの着付けはできません。

<特典協力施設の例>
・ジェイアール京都伊勢丹 9F呉服売り場
・大丸京都店 6F呉服売り場
・高島屋京都店 5F呉服売り場

*きものお立ち寄り所

きものパスポート利用者がご自身で着くずれ直しができるスペースを無料で提供している施設や店舗です。

<特典協力店舗の例>
・京都祇珠(きょうとぎっしゅ)
・富士レンタル着物京都清水寺店
・着物レンタル 京都愛和服 伏見稲荷店

□まとめ

今回は、「京都きものパスポート」の特典の例や、利用可能な店舗についていくつかご紹介いたしました。
京都をきもので観光される方に、非常にお得なサービスが充実しているので、ぜひご利用ください。

⊕今回は学生割引👨‍🎓👩‍🎓のご紹介です✨✨

修学旅行で京都に来られる学生さんは沢山おられます。

京都に来たら一度は着物を着て観光をしてみたい。

でも、金額が気になる。

そんな学生さんに朗報です!!

京なでしこでは少しでもお手頃に着物レンタルしてもらおうと修学旅行プランを準備させていただいています。

なんと‼️‼️

6名様以上のご来店で4500円のお着物が2000円✨✨

修学旅行では団体行動が必須!

みんなで着物レンタルして京都の街を歩いて

素敵なお写真を撮ればインスタ映えも間違いなし👘💕

みなさんにも素敵な思い出として心に残る事でしょう。

京なでしこではそんなお手伝いをさせていただきたく

修学旅行プランをご提案させていただきました!

是非京都へお越しの際は京なでしこへお立ち寄り下さい。

そして、観光と言えば行きたい所が沢山あるかと思います。

京なでしこは京阪祇園四条まで徒歩30秒!

阪急河原町まで徒歩3分!と好立地にあるためスムーズな京都観光ができる事間違いなしです😊😊

素敵な京都観光をお考えの方は是非一度お問い合わせ下さい!

予約する
予約する