「着物をレンタルするのってなんだか大変そう」
「着物レンタルするための準備物って何が必要なの?」

そんな疑問やお悩みを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
普段の生活の中で着物を着る方は少なく、分からないことも多いですよね。
そのため、当然自分用の着物を持っている方も少なく、着る場合には、多くの方が着物レンタルサービスを利用されます。

しかし、このサービスを利用されたことのない方にとっては、何か準備するべきものがあるのか気になりますよね。

そこで今回は、着物レンタルに必要なものをご紹介します!

□着物レンタルに必要なもの

*身分証明書

身分証明書は、お客様確認の身分確認の際に必要です。
受付の際に確認をすることが多いので、先に準備しておくと、受付の作業がスムーズに進みます。
その際に、免許証の番号を控えられたり、身分証明書自体をコピーされたりする場合があります。

*予約表

予約表は、インターネットで予約した日にちや料金が記載された用紙のことです。
こちらを見せて、予約者と来店者が同一人物であることを確認します。
最近では、携帯上の画面を照会することもできるので、携帯のメールに届いた予約表を見せられるように準備しておくといいかもしれません。
こちらは、もし忘れても、身分証明書と予約者の名前を確認できるので、問題ありません。

*薄手のTシャツ

薄手のTシャツは、着物を着る際に必要となります。
直接、着物が肌に触れることを防いでくれますし、汗の吸収にも不可欠です。
また、冬の使用の場合は、寒さ対策のために長袖のものを準備しておくといいかもしれませんね。

このように、着物レンタルは、必要なものはほとんど貸し出してもらえるので、個人で準備するものはほとんどありません。
そのため、京都を訪れた際はぜひ着物レンタルをお考え下さい。

□まとめ

今回は、着物レンタルに必要なものについて紹介しました。
このように、着物レンタルをする際には、特に準備物はなく、誰でも気楽に利用できるのでおすすめです。
着物と一緒に使うカバンや髪飾りなどの小物も着物とセットで貸し出してくれるのは、とても便利ですよね。
もし、これから着物を着て観光できる場所に行く機会があれば、一度着物レンタルを利用してみてください。
きっと、これまでにない観光スタイルを楽しめるでしょう。

また、京都で着物レンタルを考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社までご相談ください。

「着物を着て祇園周辺を観光するなら、できるだけ効率的に回りたい」
「祇園の観光スポットを巡れる観光ルートはどんなものがあるの?」

そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
着物を着ていると、普段の服装よりも歩くのに負担がかかるので、できるだけ効率的に観光地を巡りたいですよね。

そこで今回は、着物を着て祇園周辺を観光する方向けのおすすめの観光ルートを紹介します!

□おすすめの観光ルート

祇園は、東西南北に、主要な観光スポットが点在しているため、最初に行く観光地から時計回りもしくは反時計回りで、散策することがおすすめです。
そこで今回は、八坂神社から順に時計回りで散策するルートを紹介します。

*八坂神社

京都の中でも人気の高い八坂神社は、散策を開始する場所としては最適です。
それは、京都のメインストリートの1つである四条通りの最東端にあり、たどり着くことが容易であるからです。
コースの1カ所目から迷っていると、その後の行程にも影響が出てしまいますね。

また、八坂神社は着物姿が最も合う観光地であり、着物姿の方を多く見ることができます。
朱色の参道正門の前で写真をとって、良い旅のスタートを切りましょう。

*八坂庚申堂(やさかこうしんどう)

八坂庚申堂は、日本三大庚申堂の1つです。
そこに奉納されている大量のカラフルなお守りは、とても可愛らしく、見る価値ありのおすすめスポットです。
また、その前で写真を撮ると、インスタ映え間違いありません。

*建仁寺

建仁寺は京都最古の禅寺と言われていて、美しい庭と天井部の龍が人気です。
また、座禅や写経体験をすることが可能なお寺となっています。
このような経験は普段することができないので、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか?

*祇園白川

祇園白川は、昔ながらの街並みが残っているため、着物で歩くにはぴったりの場所となっています。
ドラマや映画のロケ地としても良く利用されているので、映画の世界に入った感覚を味わえるかもしれません。

□まとめ

今回は、着物を着て祇園周辺を観光する方向けのおすすめの観光ルートについて紹介しました。
このコースを利用することにより、最小限の移動で、観光地を散策できます。
もしこれから、祇園周辺で着物を着て観光されるようでしたら、こちらを参考にして、観光ルートを決めてみてください。
また、京都で着物のレンタルを考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社までご相談ください。

「着物のレンタルってどういう流れでやるの?」
「レンタルするまでにやることはあるの?」

そんな疑問を持つ方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
着物をレンタルする機会はそれほど多くなく、一度もレンタルしたことがない方も多いです。
その場合、レンタルする際の流れがわからず、不安に感じることもあると思います。
そこで今回は、着物レンタルの流れについて紹介します!

□着物レンタルの流れ

*予約と来店

最初に来店日と時間を予約してください。
最近は、電話以外にも、インターネットでの予約が可能となっている業者も多く、スマホやパソコンから簡単に行えます。
予約をした後は、来店まで特に準備することはないので、お店まで直接行ってください。

*着物選び

来店後、受付を済ませたら、すぐに着物選びが始まります。
豊富な数の着物が揃っているので、自分好みの着物が見つかること間違いありません。
もし、どうしても選ぶのに迷うようでしたら、スタッフに声をかけて、アドバイスをもらってみてください。
所要時間は約20分を考えておくと良いでしょう。
ここで時間を取られたくない場合は、事前に色やデザインを大雑把にでも決めておくといいかもしれません。

*着付け

着物が選べたら、次に着付けを行います。
着付けはプロの方が行ってくれるので、着ていて苦しいと思う心配はありません。
着付け時間も約15分で、素早く丁寧に作業を行ってくれます。
この作業も日頃経験することではないので、楽しんでいただけると思います。

*ヘアセット

最後の仕上げがヘアセットです。
希望のヘアスタイルをスタイリストに伝え、自分の好みに合ったものにしてもらいましょう。
もし、希望がなければ、スタイリストにお任せして、着ている着物に合わせたヘアスタイルにしてもらうことも可能です。
ヘアセットが完了したら、後は店を出発して、思う存分お楽しみください。

*返却

観光や町歩きを楽しんだ後は、お店まで戻ってきてもらう必要があります。
そこで着替え、返却をします。
ここで注意するべきことは、返却時間までにお店に到着することです。
時間を過ぎてしまうと、追加料金がかかることもあるので、注意してください。

□まとめ

今回は、着物レンタルの流れについて紹介しました。
このように、着物をレンタルする際に、複雑な作業はなく、誰でも簡単にレンタルできます。
もしこれから着物をレンタルされるようでしたら、これらを参考にして当日の時間管理や準備を行ってください。
また、祇園周辺で着物レンタルを考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社までご相談ください。

「着物姿の彼女と合わせるために、浴衣レンタルをしたい」
「浴衣を着ている男性はあまりいないから、どのような柄があるかわからない」

そんなお悩みを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
女性はお祭りや観光で着物を着る機会がある一方で、男性が浴衣を着る機会はあまりありません。
そのため、実際に着る機会ができると、浴衣選びに困るのも当然です。
しかし、せっかく着るのであれば、女性にも喜ばれる着こなしをしたいですよね。
そこで今回は、おすすめの男性向けの浴衣について紹介します!

□浴衣のおすすめの柄

*無地

無地は男性向けの浴衣の中でも、定番の柄です。
紺色や黒色、茶色をはじめとする濃い色の浴衣が多くの方に支持されています。
実際にいくつかの色の特徴を見ていきましょう。
紺色は、最も着こなしやすい色の1つで、落ち着いた雰囲気を演出できます。
一方で茶色は、古風な雰囲気があり、観光地や古い町並みをめぐる際にはぴったりの色となっています。
このように、無地でもさまざまな種類があり、特徴も違うので、気になった色の浴衣を試着してみて、自分に合った色を探してみてください。

*柄物

柄物は、個性的な柄から、古風な柄まで多くの種類が存在します。
そのため、他の人とは違った浴衣を着たい方や華やかな雰囲気を出したい方にはこちらがおすすめです。
誰も見たことのないような柄を着ていると、周りから注目されること間違いありません。
また、最近では、可愛らしい動物柄も取り入れられており、若者を中心にこれらの浴衣の人気が上昇しています。

□浴衣のコーディネート

*帯の色を変える

帯にもいくつか色や柄があり、好みや浴衣に合わせて変更できます。
例えば、紺色の浴衣に黄色の帯を合わせることで、全体の雰囲気を変えられるのでおすすめです。
こちらは、着付け担当の方と相談しながら選ぶといいかもしれません。

*小物を合わせる

浴衣の小物の定番といえば、扇子や巾着ですよね。
これらが加わると、より風情が出て、コーディネートの質も高まるはずです。
また、扇子はコーディネートのための小物としてだけでなく、体をあおぐこともできるので便利です。

□まとめ

今回は、おすすめの男性向けの浴衣について紹介しました。
このように、男性向けの浴衣には多くの種類があり、そのコーディネートを楽しめます。
もし、これから花火大会やデートに浴衣を着て行くようでしたら、これらを参考に浴衣選びをしてみてください。
また、京都で浴衣のレンタルを考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社までご相談ください。

「着物をきて京都の美術館を見学したい」
「着物姿でもゆったりできる博物館がどこにあるかわからない」
そんなお悩みを持つも方もいらっしゃるのではないでしょうか?
着物を着て街を歩くと、とても暑く、体もすぐに疲れてしまいますよね。
そこで、着物姿で入れる屋内施設としておすすめするのが美術館です。
美術館の中はクーラーが効いており、涼しい中で芸術や文化を学べます。
また、人通りの多い道と違い、人ごみの中で時間を過ごすこともないので、ゆったりと見学をすることができます。

そこで今回は、京都の祇園周辺の美術館と博物館を紹介します。

□着物姿で観光できる祇園周辺の美術館と博物館

*何必館・京都現代美術館何必館は、阪急「河原町」駅から徒歩5分の場所に位置しており、アクセスが非常に良い施設となっています。
日本画を中心とした絵画の展示をしており、定期的に特別展も行っている美術館です。
また、陶器も展示しており、幅広い日本の芸術作品に触れられるので良いでしょう。
北大路魯山人をはじめとする有名芸術家の作品が展示されているので、見ごたえのあること間違いありません。
外で歩き疲れた際に休憩を含めて訪れるのもおすすめです

*漢字ミュージアム

漢字ミュージアムは、八坂神社のすぐ近くに2016年にできた新しい博物館です。
財団法人の漢検がスポンサーとなってできた博物館で、いまでは老若男女の多くの方々に親しまれています。
漢字を利用したゲームやアクティビティーが用意されていて、楽しみながら漢字の理解を深められるのでおすすめです。
今までに知らなかった知識が身について楽しかったいう方々が後を絶ちません。
また、この博物館には図書館が隣接されており、本を借りて読むこともできます。

楽しく学べるのはとてもいい機会ですよね。

□まとめ

今回は、着物姿で観光できる祇園周辺の美術館と博物館について紹介しました。
このように、京都の祇園周辺には興味がそそられる美術館と博物館があり、日本の歴史についても知れるので、見学するには最適の施設です。
日頃、美術館や博物館にはあまり行くことはないという方も、これを機会に訪れてみてはいかがでしょうか?
きっと、今までにない経験や学びができるはずです。
これらを参考にして、京都の祇園周辺の着物姿で訪れる場所を検討してみてください。
また、京都で着物レンタルを考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社までご相談ください。

「京都らしい場所で着物を着て写真を撮りたい」
「着物を着て祇園周辺を観光する時のおすすめスポットはどこかな」

そんなお悩みを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
祇園には観光で訪れることのできるスポットが多くあり、着物を着て観光にはぴったりの街です。
しかし、ほとんどの方は全てのスポットを回る時間がありません。
そのため、訪れたいスポットを事前に絞ってから現地に行く必要があります。
そこで今回は、着物で訪れるべき祇園周辺のおすすめスポットを紹介します!

□おすすめスポット

*八坂神社

八坂神社は、京都の中でも有数の観光地で、一年を通して多くの方が訪れています。
京都のメインストリートの1つである四条通の最東端に位置しており、全国の祇園社の総本社でもあります。
朱色の参道正門や社殿の前で記念撮影をするのもいいかもしれません。
また、境内には美人の女神が祀られている美御前社があり、美容のパワースポットとして女性にも人気です。

*祇園白川

祇園白川は、映画やテレビドラマのロケ地として有名で、昔ながらの街並みを楽しめるスポットです。
白川沿いには桜が植えられており、春にはライトアップされた桜並木を見れるのでおすすめです。
ここを着物で歩くと、まるで昔の時代を過ごしている感覚になれます。
普段の街とは違う雰囲気を味わえるのは、楽しいですよね。

*八坂通り

八坂通りは法観寺までの参道のことで、道の両脇には伝統工芸品を売っているお店やカフェ、旅館が立ち並んでいます。
お店に寄るなどして、ゆっくり散歩しながら時間を過ごす方が多い場所です。
また、着物姿で五重の塔と写真撮影ができ、京都を訪れたことがわかる写真が撮れるはずです。

*八坂庚申堂(やさかこうしんどう)

八坂庚申堂は、日本三大庚申堂の1つで、最も古い庚申堂でもあります。
実は、この神社は今SNSで話題沸騰中の神社です。
くくり猿と呼ばれるカラフルなお守りが数多く奉納されていて、その前で写真を撮ることが若い女性やカップルの中で人気となっています。
せっかく祇園を訪れたのなら、足を運んでみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、着物で訪れるべき祇園周辺のおすすめスポットについて紹介しました。
もしこれから、着物で祇園を観光するようでしたら、これらを参考に訪れる場所を検討してみてください。
また、京都の祇園で着物のレンタルを考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社までご相談ください。

「祇園で着物を着てランチを食べられる店がわからない」
「京都らしいランチを食べたい」

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
着物を着て観光していると簡単に入れる店が少なく、ランチを食べる際に困りますよね。
しかし、安心してください。
京都の祇園には着物でも気軽に入店できるご飯屋さんがたくさんあります。
そこで今回は、祇園周辺の着物でランチできるお店を紹介します!

□祇園周辺の着物でランチできるお店

*祇をん 萬屋

麺類は素早く食べられることから人気です。
その中で、祇園に来たら食べてほしいのが、京風うどんです。
祇をん 萬屋は、この京風うどんが有名なお店で、テレビでもよく取り上げられています。
九条ネギをたっぷりと使った根木うどんが人気で、昔から地元の方にも親しまれている一品です。
根木うどん以外のメニューも豊富で、そばも食べることができます。

*阿古屋茶屋

阿古屋茶屋は、ぶぶ漬けと呼ばれるお茶漬けのバイキングが人気のお店です。
京都のぶぶ漬けは、ほうじ茶で食べるのが一般的で、今までに食べたことのない味が体験できるはずです。
これに加えて阿古屋茶屋では20種類のお漬物を食べられます。
食べ放題の時間も無制限なので、焦らずにゆっくりと食事を楽しめます。
ただ、食べ過ぎで着物の帯がきつくなることだけは要注意です。

*八代目儀兵衛 祇園本店

八代目儀兵衛は白ご飯がこだわりの定食屋です。
お米マイスターの店主が選んだ米と、炊き上がりから10分経ったご飯は提供しない徹底ぶりによって、おいしいご飯を食べられます。
おかずはご飯に合う、天ぷらやお刺身が用意されています。
常に行列ができるお店なので、予約していくか、または昼ご飯の時間をずらして訪れることがおすすめです。

*AWONB祇園八坂

AWONB祇園八坂は、手和え寿しと呼ばれる、好きな具材を使って自分の手でちらし寿しを作る料理で人気のお店です。
ランチメニューはこの手和え寿しのみです。
2015年にオープンしたAWONB烏丸本店の支店で、行列が絶えないお店となっています。
入店まで少し時間がかかるかもしれませんが、着物でランチを食べに行くにはぴったりのお店です。

□まとめ

今回は、祇園周辺の着物でランチできるお店について紹介しました。
このように、祇園には着物を着ている方向けのお店が点在しています。
ランチの内容も京都らしさを感じることのできるものばかりです。
もしこれから、着物をレンタルして祇園の街を観光するようでしたら、これらを参考にして、ランチをするお店をお選びください。
また、京都の祇園で着物のレンタルを考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社までご相談ください。

「着物を着て観光していると暑くて仕方ない」
「何か暑さ対策ができる方法はないのだろうか」

そんなお悩みを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
着物は花火大会やお祭りに合わせて、夏場に着ることが多く、その暑さ対策で悩む方は大勢います。
せっかく着物を着るなら、快適に過ごしたいですよね。
しかし、普段の生活で着物を着ることはほとんどないので、暑さ対策と言われても、何をしたらいいのかイメージがしにくいと思います。
そこで今回は、着物の暑さ対策について紹介します!

□着物の暑さ対策とは

*暑さに適した生地を選ぶ

着物には夏に適した作りのものがあり、それらを選ぶことで暑さ対策が可能です。
例えば、熱伝導性に優れた麻素材を利用した着物は、通気性にも優れていて、肌が蒸れることを防いでくれます。
また、紗(しゃ)と呼ばれる荒く織った着物は、放熱性に優れていて、着物の中に熱が溜まることがありません。
この他にも暑さ対策に優れた着物はたくさんあるので、レンタル先の着付け担当者の方に聞いてみてもいいかもしれませんね。
そうすると、暑さ対策におすすめの着物を選んでくれるはずです。

*保冷する

着付けの際に汗をかかないようにして着付けを行うと、暑さの対策ができます。
汗をかいていると、湿気や熱が体の中に残り、脱ぐまでそのままの状態になってしまいます。
そのため、着付け室のエアコンの設定温度を下げてもらうのがオススメです。
もう1つの保冷方法として、着付けの補正用のタオルの中に保冷剤を入れる方法があります。
これにより、冷気が体を覆ってくれるので、涼しい状態を保てます。

*暑さ対策の小物の用意

暑さ対策の小物の例として、扇子や日傘があります。
扇子は、顔や体をあおぐことができ、持ち運びもしやすい小物です。
また、着物とも合うので、持っているとオシャレ感も同時に出せます。
日傘は、直射日光を防ぎ、体感温度を大幅に下げる役目を持っています。
直射日光が当たらないので、着物を脱いだときに日焼けの跡ができることを心配する必要もありません。

□まとめ

今回は、着物の暑さ対策について紹介しました。
このように少し工夫をするだけで、着物を着るときの暑さは大幅に改善できます。
これによって、一日中手にハンカチを持って、観光することもなくなることでしょう。
もしこれから、着物をレンタルして観光されるようでしたら、これらを参考にして、暑さ対策をしてみてください。
また、京都で着物のレンタルを考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社までご相談ください。

「着物を着てトイレをするときの注意点が知りたい」
「着物を着てトイレをするコツは?」
京都には伝統的な寺院や神社が多くあり、街並みも古風です。
そのため、着物で京都を観光したいとお思いの方は非常に多いです。
しかし、着物で観光する方はこのようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
今回は、着物を着てトイレをする時のコツや注意点をご紹介します。

□着物でトイレをする際のコツ

着物を着慣れていない方が最も苦労することのひとつがトイレをすることです。
女性の場合、着物でトイレをすることは男性に比べて難しいです。
急にトイレに行きたくなった際に、上手くトイレができないと焦ってしまいますよね。
レンタルで着物を借りている場合は、汚してしまうと大変です。
そのため、着物でトイレをする際のコツを事前におさえておきましょう。

*着物を汚さないようにする

まず、袖(そで)や裾(すそ)はトイレをする際に邪魔になってしまいがちです。
そのため、袖(そで)は、着物と帯の間にはさみましょう。
この際に、洗濯バサミやクリップを持っていると非常に便利です。
袖(そで)をおさえる手間が省け、楽にトイレができます。
次に、裾(すそ)をしっかりめくりましょう。
帯の上にくるまでめくることがおすすめです。
その際は、しっかりと両手で抱えましょう。
これらを適切にすることで、用を足す際に着物が汚れる心配が少なくなります。

*着崩れしないために

着物は座る際や歩く際にも着崩れしてしまいますが、トイレをする際が最も着崩れしてしまいます。
そのため、着物を着付けする際にしっかりと腰ひもをしめましょう。
また、胸元やくびれの補正をして着崩れしないようにしておきましょう。
腰ひもは、結ぶ場所を間違えてしまうとお腹に負担がかかってしまいます。
そのため腰ひもは、苦しくない位置で結びましょう。
着物でトイレをするコツを事前におさえておくと、急なトイレにも対応できます。

□まとめ

以上のように、いくつかのポイントをおさえると普通の洋服と同じようにトイレができます。
しかし、はじめのうちは慣れません。
そのため、大きく綺麗なトイレで何度か練習をしてみましょう。
きちんと慣れてから、着物で観光することでより快適な観光になるでしょう。
また、京都の祇園を着物で観光したい方は、ぜひ「京なでしこ」にお越しください。
京阪電車の祇園四条駅から徒歩一分にあるのでアクセスも非常に良いです。
ぜひ、着物を着て京都観光をしましょう。

「自分に合う着物の色とは?」
「似合う色の着物をレンタルしたい」
京都には伝統的な寺院や神社が多くあり、街並みも古風です。
そのため、着物で京都の祇園を観光したいとお思いの方は非常に多いです。
しかし、着物で観光する方はこのような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
今回は、自分に似合う着物の色の選び方をご紹介します。

□自分に似合う着物の選び方は?

着物は、一枚の布が全体を大きく占めるため生地選びが非常に重要です。
着物の色を選ぶ際に最も重要なポイントは、自分の顔写りがよく見えるかどうかです。
この際には、特に半衿(はんえり)や伊達襟(だてえり)、長着(ながぎ)といった帯よりも上の部分が顔写りに大きな影響を与えます。
着物の色を選ぶ際には、これらの部分に注目してみましょう。

□パーソナルカラーを知る

パーソナルカラーとは、自分に似合う色のことです。
まずは、自分に合う色が何かを知らないと適切に選べません。
これを知るためには、髪の色や瞳、肌、唇の色といった自分の特徴を知っておく必要があります。
パーソナルカラーで検索すると、パーソナルカラー診断といったウェブテストが多くあります。
しかし、パーソナルカラーに正解はありません。
あまり着たことのない色でも、実は自分に合っていたということもあります。
様々な色合いを試しながら自分のパーソナルカラーを知っていきましょう。
その際に、実際に着て、写真をとることがおすすめです。
写真をとることで、自分を客観的に見れるので、自分に合っているかどうかの判断がしやすくなります。

□パーソナルカラーの分類

パーソナルカラーは、季節や印象といった区別があります。
例えば、季節という観点ではブルーベースの色合いは夏や冬に、イエローベースの色合いは春や秋にぴったりです。
一方で、ブルーベースの色合いの中にも鮮やかな印象の色や柔らかい印象といった様々な色に区別されます。
このように、同じ色でも色の濃さや柄によって全く異なる印象を受けます。
あまり好きでない色でも色味によっては合うこともあるので、どんどん様々な色に挑戦してみましょう。

□まとめ

今回は、自分に合う色の着物の選び方をご紹介いたしました。
自分に似合う色の着物を選んで、着物での観光を楽しみましょう。
また、京都の祇園四条を着物で観光したい方は、ぜひ「京なでしこ」にお越しください。
京阪電車の祇園四条駅から徒歩一分にあるのでアクセスも非常に良いです。
ぜひ、着物を着て京都観光をしてみてください。

予約する
予約する