「着物レンタルの時のメイクってどうしたらいいかわからない!」「着物に似合う化粧ってどんなの?」
このように思ってる女性の方は多いのではないでしょうか。
着物の特徴を理解すれば、誰でも自分で着物に似合う化粧をすることができます。
今回は、着物に似合うメイクとその特徴についてご紹介いたします。

□ベースメイクのポイント

着物は派手な色も多く、普段着る洋服に合わせたメイクでは顔が映えないことがあります。
メイクは立体的ではなく平面的なものがおすすめです。
そのため、ファンデーションはピンク系や薄い茶系の色で色白に見えるようにするのがおすすめです。
また、薄く丁寧に重ねることで最も大事な肌の質感を高めることができます。

□頬のポイント

着物は平面的なのが特徴なので、チークもその特徴に合わせたものにしていきましょう。
舞妓さんが色白であるように、着物は色白の顔の方がより美しく見えます。
そのため、ファンデーションはオークル系よりピンク系がおすすめです。
チークは頬のもっとも高い位置を中心に、わずかに色づく程度にぼかして色を入れます。
リップに合わせて色を入れないこともあるので、みなさんのお好みのスタイルに合わせると良いでしょう。

□アイメイクのポイント

着物には平面的で透明感のあるメイクが映えるので、アイメイクはあまり濃くしないようにしましょう。
アイメイクが濃いと着物も派手な色で違和感が出てしまいます。
シャドウも茶色ベースで薄めに乗せてあげると、優しく透明感のあるメイクになっていくと思います。
着物に合わせてアイシャドウをピンクベースにするのもいいかもしれませんね。
ハイライトを入れて涙袋を作るのも忘れないようにしましょう。

□リップのポイント

着物姿では、最初に目がいきやすいのは口元です。
そのため、唇のメイクはとても重要です。
リップはマット系に仕上げて落ち着いた雰囲気を出すのがおすすめです。
また、ローズピンクや大人っぽい赤など派手な色でも着物に合います。
ツヤのあるタイプもおすすめですが、グロスがたっぷりなリップは上品さに欠けてしまうかもしれません。
年代や着物の雰囲気によって、似合う色合いは異なってきますのでご注意ください。

□まとめ

今回は、着物に似合うメイクについてご紹介いたしました。
着物に似合うメイクは平面的で透明なメイクが基本で、大人っぽい落ち着いた雰囲気です。
目立たせたいポイントがあれば、その1点のみに絞って他は大人しめにしてメリハリをつけるのもポイントです。

予約する
予約する