着物で京都を観光しようと考えている方の中には、着物で長時間過ごすことや所作に不安な方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
そのような方に向けて今回は、着物で観光をする際の注意点をご紹介します。

□荷物をなるべく少なくする

着物を着て観光する際は、荷物はお好きな小さな着物用ハンドバッグや巾着に入れ、お持ちいただきます。
着物用のハンドバックは非常に小さいため、あまり多くの荷物を持つことができません。
財布やハンカチ、ポケットティッシュなどの最低限のものを持っておくようにしましょう。
また、着物を着る際には草履や下駄を履きます。
履きなれていない方の中には、歩いているうちに靴擦れになってしまう方もいらっしゃいます。
その際に、ばんそうこうを持っておくと便利です。
京都着物レンタル「京なでしこ」ではお客様のお荷物を無料でお預かりいたします。
荷物が多くなってしまいがちな方にぜひご利用いただきたいサービスです。
またヘアセットと小物もオプションで選んでいただけますので、着物に合わせたハンドバッグでさらにワンランク上のコーディネートをお楽しみください。

□着物を着るときに気を付けること

普段着物を着なれていないと、後から足袋を履くのは意外に大変なことです。
着くずれを防止するためにも、着物を着る前に必ず足袋を履くように心がけましょう。
また、着物を着る際には食事に備えて、あまりおなかの周りを締めすぎないようにしましょう。
また、着物を着るにあたり、下着は色が薄く、肩の部分がひもではないものがおすすめです。
着物は、長襦袢や肌襦袢から丁寧に着なければ、着くずれの原因になります。
そのため、襦袢や腰ひもひとつひとつが、着物の上から見えてしまわないようにしましょう。
襟は詰まりすぎているより、少しゆったりとするくらいがきれいです。
こぶしひとつ分くらいをあけて着るように心がけましょう。
裾は、ご自分で思うより少し長めに着るとちょうどいい具合に着られます。
着物は、直線的な美しさが特徴です。
着物を着る際には、裾線や襟元を意識するようにしましょう。

□まとめ

今回は着物で観光をする際の注意点や、着物を着る際に気を付けるべきことをご紹介いたしました。
着物を着ることが慣れていない方は、観光する際に不安が多いと思います。
京なでしこでは、ご予約から着付け、返却まで丁寧にサポートいたします。

京都を観光する際には、ぜひレンタル着物で着物も一緒にお楽しみください。

予約する
予約する