着物は恰幅が良いほうが見栄えがよく見えるとも言いますが、やはり痩せて見せたいという方もおられますよね。
一般的なファッションもそうですが、着物にも実は痩せて見える色や柄があります。
色や柄を意識するだけで痩せて見えるのなら、知っておいて損はないのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では着物の痩せて見える色についてご紹介します。

□収縮色と膨張色

色によって人間は感じるイメージが変わります。
例えば収縮色と言われる黒や濃い寒色系の色と膨張色と言われる白や明るい暖色系の色では持つ印象が正反対です。

 

これは着物だけに限られたことではなく、一般的なファッションにも通じるものがあります。

ですので着物を着て痩せて見せたいという方は収縮色の着物選択すると良いでしょう。
特に黒や、濃い青などの寒色系は引き締まって見えます。

□痩せて見える柄とはどんなもの?

痩せて見える着物の条件二つ目が柄になります。
洋服でも柄によって太って見えたり痩せて見えたりすることがあると思います。
着物でも同じですので基本的に洋服と同じルールが当てはまります。

 

たとえば洋服の痩せて見え柄の代表格はストライプ柄ですよね。
縦縞の柄で縦を目に意識させることで痩せてみせることが出来ます。
これは着物にも当てはまります。

 

反対に太って見える柄にはボーダーがあります。
あまりボーダーを着物の柄にすることはないとは思いますが、もしも着物にボーダー柄が入っていれば太って見えるということです。
つまり痩せて見える着物を選択したい方は縦を意識させることが出来る柄を選ぶことが大切ということですね。

 

縦のラインを強調する柄には矢羽や格子柄などがあります。
逆にあまり良くないのは広がった雲の柄や、横に大きな花がらなどです。

□結局どんな着物が一番痩せて見える?

上記の2つを合わせた痩せて見える色の生地に痩せて見える柄の着物が一番痩せて見える着物ということが出来ます。
ですので「収縮色で縦を意識させることが出来る柄」の着物ということになります。
この点を意識して着物選びをすることであなたの満足行く着物を選択することが出来るでしょう。

□おわりに

今回は痩せて見える着物の色と柄についてご紹介しましたがいかがでしたか?
この記事でご紹介したポイントを頭に入れて着物を選んでいただくだけで、見る人の印象をガラッと変えることができます。
私たち京なでしこでは様々な色、柄の着物をご用意していますので必ずやあなたの希望の着物に出会えます。
着物レンタルをお考えの際はぜひご連絡ください。

予約する
予約する