「着物を着てトイレをするときの注意点が知りたい」
「着物を着てトイレをするコツは?」
京都には伝統的な寺院や神社が多くあり、街並みも古風です。
そのため、着物で京都を観光したいとお思いの方は非常に多いです。
しかし、着物で観光する方はこのようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
今回は、着物を着てトイレをする時のコツや注意点をご紹介します。

□着物でトイレをする際のコツ

着物を着慣れていない方が最も苦労することのひとつがトイレをすることです。
女性の場合、着物でトイレをすることは男性に比べて難しいです。
急にトイレに行きたくなった際に、上手くトイレができないと焦ってしまいますよね。
レンタルで着物を借りている場合は、汚してしまうと大変です。
そのため、着物でトイレをする際のコツを事前におさえておきましょう。

*着物を汚さないようにする

まず、袖(そで)や裾(すそ)はトイレをする際に邪魔になってしまいがちです。
そのため、袖(そで)は、着物と帯の間にはさみましょう。
この際に、洗濯バサミやクリップを持っていると非常に便利です。
袖(そで)をおさえる手間が省け、楽にトイレができます。
次に、裾(すそ)をしっかりめくりましょう。
帯の上にくるまでめくることがおすすめです。
その際は、しっかりと両手で抱えましょう。
これらを適切にすることで、用を足す際に着物が汚れる心配が少なくなります。

*着崩れしないために

着物は座る際や歩く際にも着崩れしてしまいますが、トイレをする際が最も着崩れしてしまいます。
そのため、着物を着付けする際にしっかりと腰ひもをしめましょう。
また、胸元やくびれの補正をして着崩れしないようにしておきましょう。
腰ひもは、結ぶ場所を間違えてしまうとお腹に負担がかかってしまいます。
そのため腰ひもは、苦しくない位置で結びましょう。
着物でトイレをするコツを事前におさえておくと、急なトイレにも対応できます。

□まとめ

以上のように、いくつかのポイントをおさえると普通の洋服と同じようにトイレができます。
しかし、はじめのうちは慣れません。
そのため、大きく綺麗なトイレで何度か練習をしてみましょう。
きちんと慣れてから、着物で観光することでより快適な観光になるでしょう。
また、京都の祇園を着物で観光したい方は、ぜひ「京なでしこ」にお越しください。
京阪電車の祇園四条駅から徒歩一分にあるのでアクセスも非常に良いです。
ぜひ、着物を着て京都観光をしましょう。

予約する
予約する