「着物をレンタルするのってなんだか大変そう」
「着物レンタルするための準備物って何が必要なの?」

そんな疑問やお悩みを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
普段の生活の中で着物を着る方は少なく、分からないことも多いですよね。
そのため、当然自分用の着物を持っている方も少なく、着る場合には、多くの方が着物レンタルサービスを利用されます。

しかし、このサービスを利用されたことのない方にとっては、何か準備するべきものがあるのか気になりますよね。

そこで今回は、着物レンタルに必要なものをご紹介します!

□着物レンタルに必要なもの

*身分証明書

身分証明書は、お客様確認の身分確認の際に必要です。
受付の際に確認をすることが多いので、先に準備しておくと、受付の作業がスムーズに進みます。
その際に、免許証の番号を控えられたり、身分証明書自体をコピーされたりする場合があります。

*予約表

予約表は、インターネットで予約した日にちや料金が記載された用紙のことです。
こちらを見せて、予約者と来店者が同一人物であることを確認します。
最近では、携帯上の画面を照会することもできるので、携帯のメールに届いた予約表を見せられるように準備しておくといいかもしれません。
こちらは、もし忘れても、身分証明書と予約者の名前を確認できるので、問題ありません。

*薄手のTシャツ

薄手のTシャツは、着物を着る際に必要となります。
直接、着物が肌に触れることを防いでくれますし、汗の吸収にも不可欠です。
また、冬の使用の場合は、寒さ対策のために長袖のものを準備しておくといいかもしれませんね。

このように、着物レンタルは、必要なものはほとんど貸し出してもらえるので、個人で準備するものはほとんどありません。
そのため、京都を訪れた際はぜひ着物レンタルをお考え下さい。

□まとめ

今回は、着物レンタルに必要なものについて紹介しました。
このように、着物レンタルをする際には、特に準備物はなく、誰でも気楽に利用できるのでおすすめです。
着物と一緒に使うカバンや髪飾りなどの小物も着物とセットで貸し出してくれるのは、とても便利ですよね。
もし、これから着物を着て観光できる場所に行く機会があれば、一度着物レンタルを利用してみてください。
きっと、これまでにない観光スタイルを楽しめるでしょう。

また、京都で着物レンタルを考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社までご相談ください。

予約する
予約する