「着物に合うバッグって難しい!」
「容量もデザインもどっちも捨てがたい…!」
このように思ったことはありませんか?
着物を着る時のバッグ選びはとても難しいですよね。
普段使っているバッグやトートバッグは少しミスマッチなように感じてしまいます。
そこで今回は、着物に合うバッグを紹介いたします。

 

□きんちゃく型が優秀!

着物を着たときは、いつもの洋服についているポケットがありません。
スマートフォンやハンカチ、ポケットティッシュやリップクリームなど普段ポケットに入れてしまっている物は全てバッグに入れる必要がありますよね。
他にも財布、モバイルバッテリー、化粧直し用の化粧品など、持ち物をたくさん収納しなければいけません。

しかし、着物には大きなトートバッグやリュックサック、ポシェットは似合わないですよね。
そこでおすすめするのが、きんちゃく型のバッグです。
コロンとした可愛いデザインも和風で着物にぴったりです。
また 自分で購入できますし、着物レンタルのお店によっては借りられるところもあります。

きんちゃく型バッグは見た目以上に大容量です。
相当の大荷物でなければ荷物が入らないという心配はいりません。
色や柄も着物のようにたくさんあるので、選択肢がとても多いのも嬉しいですよね。

 

□色や柄は?

小物の色使いは、着物を着こなす際にとても重要なポイントです。
着物が赤なら緑や紺、着物が緑なら茶色や黒、などのように着物の色と組み合わせて決めましょう。
しかし、無理におしゃれに見せようとして赤や濃いピンクのバッグを選ぶとその部分だけ浮いて見えるので気をつけましょう。

またバッグ選びのポイントとして、落ち着ついた色を選びましょう。
和装に合わせる小物は落ち着いた上品な色を選ぶと、着物を目立たせることができ、失敗することが少ないです。

他には髪色が明るい茶色だったらバッグも茶色、髪色が黒だったらバッグの色も黒、というように合わせると統一感が出るのでおすすめです。

まずは自分が着たい着物を決め、さらに帯の色柄を選んだうえでトータルコーディネートを考えることが大切です。
着物と帯がシンプルなら少し目立つバッグにしてもいいでしょうし、着物と帯の主張が強かったら落ち着いたバッグにしてみてはいかがでしょうか。
組み合わせによって全然違う印象になるというのも、着物を着る楽しみのひとつですよね。

 

□まとめ

以上、着物に合うバッグについて紹介いたしました。
その時着る着物の色やデザインによっても似合うバッグが変わってきます。
ぜひ紹介したことを参考に、自分が満足できるバッグを探してみてはいかがでしょうか。

予約する
予約する