「着物をスラっと綺麗に着こなせない…。」
「背が小さいと、全身のバランスが悪く見えてしまう…。」
夏祭りの浴衣、成人式の着物など和装の機会に、このように感じる方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、背が低い人の着物の着こなし術をお伝えします。

 

□身長が低くても着物を綺麗に着こなしたい!

洋服は、背が高い方がきれいに着こなせると言われています。
しかし和服は小柄な人でも美しく着こなすことができます。

*着物選び、かわいく?大人っぽく?

背が低いというだけで、かわいらしいイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。
着物でも薄いピンクや水色などの色を選ぶと、さらにかわいい印象になります。
小花柄や小さい控えめな柄を選んだらもっとかわいくなりますよね。

しかし、かわいくなりすぎたくない場合は、着物の色を濃い色や暗い色、少し落ち着いた色にして大人っぽさを出しましょう。

また柄を選ぶときにも注意が必要です。
大きすぎる柄を選んでしまうと、柄に負けてちぐはぐな印象になる場合があるのです。
もしモダンで派手な柄や大花柄の着物を着たい場合は、全体のバランスを確認してから決めることが大切です。
どうしても大きな柄を選びたい際は、優しい色使いの柄を選ぶことがおすすめです。

*カラーコーディネートと着こなしのポイント

着物を着るには、帯や半襟などの小物を選ぶことも必要ですよね。
着物のコーディネートで好きな色ばかりを選んでいては全体を見たときにぼやけてしまいます。

背が低い人の帯や小物の選び方のコツは、締め色を選ぶことです。
例えば、赤の着物なら帯は紺、というようなイメージで、全体のイメージを引き締めてメリハリを出す色を選びましょう。
ぼやけがちな印象が引き締まり、全身のバランスが良く見えますよ。

さらに、帯の位置も全体のバランスを見て高くなりすぎないように調整しましょう。
背が低い人に似合う薄い色の着物は特にこのポイントが重要です。
また半襟は出しすぎると印象が強くなりすぎるので、少し出すくらいでバランスを整えましょう。
帯でウエストを引き締め、半襟で顔周りを引き締めればスタイルは格段に良く見えますよ。

 

□まとめ

以上、背が低い人が着物を着こなす方法をお伝えしました。
身長関係なく、誰でも綺麗に着こなせるのが着物の魅力です。

自分が身につけたいと思ったアイテムに合わせてカラーコーディネートをすると全体がうまくまとまりやすいのでおすすめです。
お伝えした方法を参考に着物を綺麗に着こなしてみてはいかがでしょうか。

予約する
予約する