「着物姿の彼女と合わせるために、浴衣レンタルをしたい」
「浴衣を着ている男性はあまりいないから、どのような柄があるかわからない」

そんなお悩みを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
女性はお祭りや観光で着物を着る機会がある一方で、男性が浴衣を着る機会はあまりありません。
そのため、実際に着る機会ができると、浴衣選びに困るのも当然です。
しかし、せっかく着るのであれば、女性にも喜ばれる着こなしをしたいですよね。
そこで今回は、おすすめの男性向けの浴衣について紹介します!

□浴衣のおすすめの柄

*無地

無地は男性向けの浴衣の中でも、定番の柄です。
紺色や黒色、茶色をはじめとする濃い色の浴衣が多くの方に支持されています。
実際にいくつかの色の特徴を見ていきましょう。
紺色は、最も着こなしやすい色の1つで、落ち着いた雰囲気を演出できます。
一方で茶色は、古風な雰囲気があり、観光地や古い町並みをめぐる際にはぴったりの色となっています。
このように、無地でもさまざまな種類があり、特徴も違うので、気になった色の浴衣を試着してみて、自分に合った色を探してみてください。

*柄物

柄物は、個性的な柄から、古風な柄まで多くの種類が存在します。
そのため、他の人とは違った浴衣を着たい方や華やかな雰囲気を出したい方にはこちらがおすすめです。
誰も見たことのないような柄を着ていると、周りから注目されること間違いありません。
また、最近では、可愛らしい動物柄も取り入れられており、若者を中心にこれらの浴衣の人気が上昇しています。

□浴衣のコーディネート

*帯の色を変える

帯にもいくつか色や柄があり、好みや浴衣に合わせて変更できます。
例えば、紺色の浴衣に黄色の帯を合わせることで、全体の雰囲気を変えられるのでおすすめです。
こちらは、着付け担当の方と相談しながら選ぶといいかもしれません。

*小物を合わせる

浴衣の小物の定番といえば、扇子や巾着ですよね。
これらが加わると、より風情が出て、コーディネートの質も高まるはずです。
また、扇子はコーディネートのための小物としてだけでなく、体をあおぐこともできるので便利です。

□まとめ

今回は、おすすめの男性向けの浴衣について紹介しました。
このように、男性向けの浴衣には多くの種類があり、そのコーディネートを楽しめます。
もし、これから花火大会やデートに浴衣を着て行くようでしたら、これらを参考に浴衣選びをしてみてください。
また、京都で浴衣のレンタルを考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社までご相談ください。

予約する
予約する