着物を着る時皆さんはどんな髪型にされていますか?
いつものヘアスタイルもいいですが、着物を着るときはヘアアレンジをしてみても楽しいですよね。

「でもどんな髪型が似合うか分からない。」
そんな方に向けて、この記事ではあなたの顔型に合う着物を着たときのおすすめのヘアアレンジをお教えします。

□あなたの顔はどんな形?

ヘアアレンジをする前にまずはあなたの顔の形を知る必要があります。
顔の種類には丸顔、卵型、面長、逆三角形などがありますが、自分の顔の輪郭がどの種類に当てはまるか考えてみましょう。

□丸顔

フェイスラインに丸みがかかっているなと感じた方は丸顔になります。
丸顔は可愛らしい顔の形なのが特徴ですが、その反面幼く見える童顔になりやすいという面になります。
ですのでヘアアレンジをするときは童顔にならないようにすることが重要です。

 

そこでおすすめなのはトップをアレンジして、ボリュームをもたせることです。
そうすることによって童顔に見えてしまうことをカバーできます。
逆に顔の横幅が強調される横の髪にボリュームを持たせることは避けましょう。

□卵型

丸顔のようにフェイスラインが丸く、さらに少し縦に長い卵のような形の顔の方は卵型でしょう。
顔のバランスの黄金比である横1:縦1.5のバランスに最も近いため比較的どのようなヘアアレンジでも問題なく似合うことが出来ます。

 

その中でもおすすめのヘアアレンジはきれいなフェイスラインを隠さないアレンジです。
トップにボリュームをもたせ過ぎるなどきれいなフェイスラインが隠れてしまうアレンジはあまり好ましくないでしょう。

□面長

顔の縦の長さが横に比べて目立つなと感じる方は面長でしょう。
面長の顔をお持ちの方がヘアアレンジをする際に気をつけるポイントは横に幅を持たせて顔のバランスをよく見せるということです。
ですのでサイドにボリュームを出したアレンジがおすすめです。

□逆三角形

シャープな顎をお持ちで頭から顎の形が逆三角形になっている方は、逆三角形型のお顔です。
ですので頭の鉢の部分が目立ちがちになってしまうので気をつけましょう。

 

おすすめなのは顎の付近にボリュームをもたせたヘアアレンジです。
頭の鉢の部分にボリュームをもたせるのは逆三角形を強調することになるので好ましくないでしょう。

□おわりに

今回は顔型別に着物を着るときにおすすめのヘアアレンジをご紹介しましたが、いかがでしたか?
それぞれの顔型によって似合うヘアアレンジは違います。
ご自身の顔型がどれに当てはまるのか確認して着物とよく似合う最適のヘアアレンジを楽しみましょう。

予約する
予約する